A diary of Dream   
If you cannot see words, please try to change it's encoding Unicode(UTF-8).

Friday, January 21, 2005

Body Worlds

米国初の『Body Worlds』展
アート&医学
Posted by Hello California ScienCenter
以前ココでの投稿記事はBlogPetのウチのニャンが露骨^^;) に言うので もう一つのBlogに移動しました。
記事を読まれる方は
Body Worlds


本サイトは → (Body Worlds)

カリフォルニア科学センター

Labels: ,

12 Comments:

Blogger Hamel said...

ホントに「死体」を特殊保存した状態の「アート」なのでしょうか?はたしてそんな事が法律上許されるの???
私的には、こういうのはあまり「得意分野」ではありません。だからと言って、「じゃぁ~、得意分野はなんだ?」と聞かれても「ノーコメント」っていうか、
頭の中は「Blank」です。
↑こういう表現は英語としてはちょっと変ですか?やはり「Empty the inside of the head 」こうなるのかな???

Saturday, February 12, 2005 5:25:00 PM  
Blogger Mari said...

これら「死体」はすべて本物ですよ。
自分の身体を死の後に寄附したい”って人々は沢山いますし、「アート」として公開してくれ”って言う人もかなりいるのも事実です。
これが医学の発展にも繋がってるわけなのですが、「アート」という言葉に反論を持つ人達も少なからずいるわけで。。。
細かい内部事情は私も得意分野ではないのでわかりません。
ただ、見に行ったあと、しばらくはお肉が食べれなかったです。(^_^;)

Sunday, February 13, 2005 1:55:00 AM  
Blogger Hamel said...

あははは、そうでしょう、そうでしょう(^^♪
なるほろ~、確かに言われてみればアメリカ人は、死後将来(遠い未来)に望みを託して冷凍保存とかする方々もいらしゃるとか??!

遠い将来(実際はそれほどでないかも)不老不
死という医学の壁?を乗り越える日が来るかも知れない....という儚いレジスタンス。

Sunday, February 13, 2005 8:25:00 AM  
Blogger Mari said...

【アメリカは多重民国】
(日本に住んでる人=ほとんど目にするのが日本人)と違い、私を含め、あっちこっちからやって来た移民であふれて、ネイティブ・アメリカンは、どこ?どの人っていう感じの、LAは特にそうですが、国や思考や肌の色、宗教の異なるもの同士集まれば反発や犯罪も多いのも頷ける、それがアメリカ。ですからアメリカ=アメリカ人ではありませんので誤解がないよう改めて説明させていただきます。

>遠い将来(実際はそれほどでないかも)不老不死という医学の壁?を乗り越える日が来るかも知れない...
↑これが仮に実現したとしても、「不老」は良くても、「不死」は嫌だな~。
だって、人生苦しいよ~それが人間の宿命と言うべきもので。。。

Monday, February 14, 2005 2:46:00 PM  
Blogger Hamel said...

これは、これは。とても詳細な解説ありがとうございます。
確かに言われるとおり、アメリカ人と言っても、もともと、移民してきたわけですし、それに俗に言う「WASP」なんて数少ないって聞いてます。あの暗殺されたJFKも違ったようです。

>これが仮に実現したとしても、「不老」は良くても、「不死」は嫌だな~。
↑私も同感ですね!やっと死ねるんですからね?!....よく生まれ変われるとしたらどんな人生がいいか?などと考える方が多いですが、私は「生まれ代わりはお断り」です。
もう人生は1回で十分です(o^-')b

Monday, February 14, 2005 7:44:00 PM  
Blogger Mari said...

前回での死後、しばらくして、、、とても大事な事を伝えたい相手が人間界に戻ってしまった場合、それを遂げようと 苦労は承知で、また人間に生まれ舞い戻ってくることも無きにしろあらずかな~なんて、でも、その時は死後の記憶も白紙状態で、もちろん宿る肉体や時代や国や環境など選択の余地もなく。。。ふと、こんなことを考える私は精神が かなりきてるかな?~

いずれにしろ、私も人生はこりごり!

Tuesday, February 15, 2005 6:07:00 PM  
Anonymous MayMe said...

この展示のようにアートという角度ではありませんでしたが、こちらでも昨年「人体の不思議展」のような物をやっていて、大盛況でした。実際に脳の標本を触ったりできたそうで、結構医学や看護学の学生が勉強に来てたそうです。私はちょっと苦手で行きませんでした。私もきっとお肉を食べられなくなる方です。

Thursday, February 17, 2005 12:51:00 PM  
Anonymous horms said...

こんにちは、カフェスタのホームズです。

凄いですね。。。

僕も見たいなぁ。
人間の中身があますとこなく見れるw

でも本当にいいのかな。
本人がいいって言ったのならいいかもしれないけど違法に売買されたやつとか混じったりしてないかな・・・

僕も死んだら生き返りたくないな。

Friday, March 04, 2005 5:31:00 PM  
Anonymous Babe said...

Okay, you might also like http://www.spacelotus.com hot babe wallpapers ^-^

Wednesday, March 01, 2006 2:43:00 AM  
Anonymous viagra said...

This comment has been removed by a blog administrator.

Wednesday, September 26, 2007 4:03:00 PM  
Anonymous Anonymous said...

This comment has been removed by a blog administrator.

Wednesday, November 14, 2007 8:54:00 PM  
Anonymous Anonymous said...

This comment has been removed by a blog administrator.

Tuesday, May 04, 2010 3:35:00 PM  

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

Top my Blog or A dream play By Mariko